• TOPへ
  • アクセス
  • 新着情報

お問い合わせ・ご相談
0942-31-7968

電話受付時間/月~金曜日(祝日除く)10:00~16:00

センターについて
TOP > センターについて > センター長のご挨拶
センター長挨拶
―肝疾患の撲滅を目指してー
 

 久留米大学病院は平成22年に福岡県で唯一の肝疾患診療連携拠点病院の指定を受け、初代の肝疾患相談支援センター長の佐田通夫先生のもと全国の拠点医療機関と連携をとりながら、肝疾患に対する医療の均てん化を視野にいれた活動を開始いたしました。その間、福岡県下で肝疾患相談支援セミナー、肝炎治療コーディネーター養成セミナー、市民公開講座を行い、また当センターで患者さんや医療関係者の相談に乗り、福岡県の方々に微力ではありますが、お役に立てたのではないかと感じております。佐田通夫先生の定年退職に伴い、平成26年度からは、新たな体制のもと肝臓病に関する様々な問題・相談に対処するためさらに支援活動を行っていきたいと考えています。

 肝疾患、とくにC型肝炎に対する新たな治療法に関しては、これから毎年のように新薬が認可されることが予想され、治療の適応、治療の種類やタイミングを、発癌や薬剤耐性の問題点なども考慮して決定する必要があり、大変な専門知識が必要と考えられます。一方で治療薬の副作用が減り、幅広い患者で使用可能なことから、相談件数も増えることが予想され、当センターの役割も重要なものになってくると考えられます。

 またC型肝炎以外にもB型肝炎でも新薬が認可されますし、生活習慣病や脂肪肝と肝臓がん、糖尿病と肝臓病、抗癌剤や免疫抑制剤などによるB型肝炎の悪化等々、知識の共有や連携医療の重要性がさらに増大していきます。また肝癌の治療法も日々発展しています。これらの情報を素早く患者さんや医療従事者をはじめとした多くの方々に発信することが我々の使命です。

 肝疾患相談支援センターは肝疾患の撲滅に向けた活動をわかりやすく行っていく所存ですので、お気軽にご利用いただき、またご支援をいただければ幸いです。


福岡県肝疾患相談支援センター 
センター長 井出 達也

電話受付時間

月~金曜日(祝日除く)10:00~16:00

お悩み・ご相談はお気軽に
お問い合わせください。

よくある質問(FAQ)はコチラから >

肝疾患について

  • 急性肝炎について
  • B型肝炎について
  • C型肝炎について
  • 肝硬変について
  • 肝癌について