• TOPへ
  • アクセス
  • 新着情報

お問い合わせ・ご相談
0942-31-7968

電話受付時間/月~金曜日(祝日除く)10:00~16:00

肝疾患について
TOP > 肝疾患について > B型肝炎
B型肝炎
感染経路 

 日本におけるB型肝炎ウイルス・キャリアの感染経路は、出産時の垂直感染(母子感染)と幼少時の水平感染です。この場合のゲノタイプ(ウイルスの型)はCが主因であり、成人での感染では慢性化は稀です。一方、成人の感染経路として海外よりゲノタイプAが流入しています。感染経路は性行為で、約1割は慢性化します。

感染の予防

 母子感染対策として、1985年より感染防止の対策が行われています。現在ではB型肝炎ウイルス・キャリアの母より出生後にB型肝炎ワクチンとグロブリン製剤(B型肝炎ウイルスを中和する抗体)の投与を行います。この対策により母子感染の大部分の例において、感染が防止されています。また、水平感染防止目的にB型肝炎ワクチンが平成28年10月1日から任意接種より定期接種へ変更となりました。

慢性肝炎

 慢性肝炎は肝炎が6ヶ月以上、持続する状態をいいます。トランスアミナーゼ値(AST、ALT)は様々で、多くは100 U/l前後で推移します。倦怠感などの自覚症状を認めることもありますが、症状を認めない方が大部分です。

治療法

 治療は、B型肝炎ウイルスの無症候性キャリア(B型肝炎ウイルスを持っているが、肝障害や肝臓病の進行を認めない人)以外の方が対象となります。現在の治療では、B型肝炎ウイルスの排除を行うことは困難です。治療方針は、年齢と肝臓病の進展度で決めます。B型肝炎は若年者において治療を必要とする場合があり、家族計画や肝臓病の進行具合により治療方法を選択します。若くて肝臓病が進行していない患者では、自然経過をみたり、下記のいずれかの治療法により肝炎の鎮静化を目標とします。肝炎の鎮静化とは、トランスアミナーゼ値の基準値内への低下、HBe抗体の出現、HBV DNA量の減少をいいます。肝硬変まで進行している場合には、インターフェロン治療は禁忌で、核酸アナログ製剤の適応となります。この場合には、短期間の内服ではなく、長期間の内服治療が必要となります。

肝庇護療法

 B型肝炎ウイルスには直接影響しませんが、トランスアミナーゼ値の低下を目標として行います。強力ネオミノファーゲンCの注射薬やウルソデオキシコール酸、小柴胡湯などの内服薬があります。

    インターフェロン

     インターフェロンは注射薬で、免疫力を高めることでウイルスの増殖を抑えます。治療期間は半年から1年です。治療期間は長いほうが治療効果は高いです。最近になりペグインターフェロンも使用可能となりました。1年間の治療で約20%の方に治療効果を認めます。副作用として、発熱や倦怠感などが有りますが、ペグインターフェロンの登場で、これらの副作用は軽減しています。

    核酸アナログ製剤

     この薬は、B型肝炎ウイルスの複製を阻害することで、ウイルスの増殖を抑えます。治療効果は高く、副作用が少ない治療です。ただ、内服中の薬剤耐性ウイルスの出現や、内服中止後にウイルスが増加して肝炎を起こすことがあるのが問題点です。現在、本邦では5種類の核酸アナログ製剤が使用可能ですが、この中で薬剤耐性ウイルスの出現率が低いエンテカビルや テノホビルが第一選択薬となっています。2017年より腎機能低下例でも用量調節が不要なテノホビル アラフェナミドも使用可能となりました。35歳以降で肝臓病が進行している患者では、核酸アナログ製剤の適応となります。

 

電話受付時間

月~金曜日(祝日除く)10:00~16:00

お悩み・ご相談はお気軽に
お問い合わせください。

よくある質問(FAQ)はコチラから >

肝疾患について

  • 急性肝炎について
  • B型肝炎について
  • C型肝炎について
  • 肝硬変について
  • 肝癌について